Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

僕のニュージーランド

New Zealandで始める僕のNew Life

出発はいつも朝

こんにちは。

 

前回の続きイースターの更新から、1週間。


更新しようと思うネタは、ポロポロあったのですが、色々と忙しく結局後回しになってしまった今はクライストチャーチにいます。

 

2日前の朝にニュージーランド国内を駆けるインターシティーこと、長距離バスにてダニーデンからはるばる6時間かけてやってきたわけです。往復で90ドルちょっと。

 

f:id:Sakamo:20170425065153j:image

出発の朝、ダニーデン。久々の早起き。

どこかに出掛ける時のこの時間帯は毎度、ワクワクする。

 

目的はクライストチャーチにある日本領事事務所に用あって。

 

警察証明書の申請の為。

 

郵送では申請不可にて。

 

その申請の前に必要な書類を揃えるのに忙しくしていた次第。


というのも、申請には指紋採取が必要になるのですが、まず近くの警察署で指紋採取の為の予約を取って、その予約が大概混んでいる為、予約日は2週間後。

 

採取時はインクを使用し、一発勝負。

 

余分な専用の原紙を領事事務所はくれないので失敗出来ません。

 

担当警察官は女性で感じが良い。

 

説明も丁寧。警察官の方が採取者を手取り足取りで採取を進めます。

 

チームワークです。

 

緊張の一瞬です。


で、左小指のインクが薄く採取失敗。

 

一応、オフィサーのサインはもらいましたが、これで申請不可になってもあれなので、郵送で再度、原紙を取り寄せる。

 

予約もし直す。

 

次の担当は若い男性警察官。

 

順番に指紋採取を進めていく。因縁の左小指の押印を終えて、嫌な予感。

 


『あっ、そこ親指のところ...』

 

警察官
『あぁ...矢印描いて、反対だよってことにしておくね』

 

ジーザス。

 

これは絶対にアウトだよ。


日本人だから分かる、日本の警察は絶対これを良しとはしてくれないんだよーーー。


と、心の中で泣く。

 

手間が無駄手間に終わる程、堪えるものはありません。 

 

そのあともこの警察官、左と右の指を間違えそうになる。

 

しっかりーー。

 

f:id:Sakamo:20170425065420j:image

ちなみにこれ。やっぱりだめだろこれじゃ。

 

結局、3枚目を取り寄せる時間もなく、失敗作2作品を携え、領事事務所へ。


事情を説明すると、矢印の入った指紋原紙を速攻却下。そら、そーだ。


しかしながら、事務官の方が最初の原紙と合わせ技でもう1枚その場で因縁の左小指の指紋を採取。
合わせての提出を認めてくれました。


あとはこれが、日本の警視庁鑑識課まで郵送にて、発行がなされるとのこと。

 

ここまで、長っ。

 

発行まで2ヶ月。

 

さらに、長っ。

 

受け取りは、郵送可の為。


返信用、トラッキングスッテカー付きを合わせて提出。一安心と思いきや。

一抹の不安を掻き立てる下記条項。

 

郵送で届かなかった時に、領事館側は一切の責任は負いませんサインをさせられ。

 

ここは、The 日本。

 

とりあえず、ひと仕事は終えたので、あとはクライストチャーチを観光をしています。


今日のお昼のバスでダニーデンに帰ります。

 

クライストチャーチまだ、6年前のカンタベリー地方襲った大地震で復興途中ですが、とても綺麗な街でした。

 

その時の写真等は次の投稿にて。

 

 

 

 

イースターだってよ

先日、コナーが 

 

『携帯が見つからなーい、Yuichi鳴らしてくれる?』

って言うから、鳴らしあげる。

 

しかし、何も聞こえてこず、こりゃ家の外で失くしたんじゃないか雰囲気。


部屋から出て行き、そして戻って来たその手には携帯電話。


『どこにあったの?』

 

コナー
『冷蔵庫の中に置いてたみたい 』てへ顔


愉快ですね。

 

さて、ニュージーランドも他の英語圏と一緒にイースターを迎えております。


キリスト様の復活祭なんだとか。


とりわけ、何するわけでもなく、金曜日からの4連休。

 

イースター休暇にてのんびりしている今日この頃。

 

ちなみに明日も祝日の為、寝放題。

 

てへ。


今日は昼から用事があって2日ぶりに家の中から、シャバへ。


街に一個のスタバはイースター休暇だろうが、ビジネス根性でオープン。


Smallサイズのコーヒーとケーキが今ならセットで5ドル。

 

お得。


2時間位、ネットでニュース見て、参考書を久々に開いて、音楽聴いて。


休み満喫してる感。


明日は何をしようかな。

 

f:id:Sakamo:20170416161301j:image

 

日曜日のあれこれ

こんにちは。


おとといは土曜日ということもあり、久々にアルコールナイト。


お陰様で、眠りは浅く早起き出来た昨日は日曜日。 


いつも休みの日曜日は雨だったり天気が悪いことが多かったのですが、今日は朝から晴れ。


休日のカフェライフは変わらず。


ラテをすすりながら、過ぎ行く車や人を眺めるアフタヌーン。

 

f:id:Sakamo:20170410131230j:image


カフェのあとは部屋を整理したく棚、その他諸々を揃えに格安量販店へ。


置き鏡や照明も棚と合わせて購入。


これで部屋も少しは部屋らしくなりました。


時計の修理屋さんでは、シドニーのマーケットで買った腕時計をようやく身につけられるように調整してもらいました。

 

f:id:Sakamo:20170410174340j:image


満足の日曜日。

 

f:id:Sakamo:20170410131433j:image

 

 

贅沢の極み旅 上空編

こんにちは。


今日は贅沢の極み旅 上空編 Japan Air lines 提供にて。


ファーストクラスのラウンジにて既にお腹いっぱいのあとは、いよいよ搭乗タイム。


もちろん、優先搭乗一番乗り。


搭乗してすぐ早々にウェルカムドリンクのシャンパンが用意されている。


席はユニットになっていて計8席の僕は後方窓側。
着席して早々、ユニットに装備されているあれこれを調査。


イヤフォンはBOSE。

 

f:id:Sakamo:20170408220210j:image


アメニティーはスペインの高級ブランドのロエベ。 

 

f:id:Sakamo:20170408220309j:image


シャンパンのメニューはサロンにドンペリ、そして飲み放題。

 

f:id:Sakamo:20170408220414j:image


飛行中のWifiも自由に使えます。

 

f:id:Sakamo:20170408220459j:image


テイクオフ後はすぐにCAさんがディナーの注文を受けに来てくれます。

 

f:id:Sakamo:20170408220641j:image


和食か洋食のフルコースを選べるのですが、迷いに迷っていると、僕の食べたいものをそれぞれ選んで頂ければこちらでアレンジ致しますので、何でも言って下さい、と。


というわけで、遠慮なく、今まで食べたことのないキャビアや蒸し鮑、肉厚松茸に牛ヒレ、高級チョコレートを頬張る。

 

f:id:Sakamo:20170408220716j:image

f:id:Sakamo:20170408220748j:image

f:id:Sakamo:20170408220829j:image

f:id:Sakamo:20170408220859j:image


人生一、ラグジュアリーな瞬間。


睡眠の時は、ベットメーキングもしてくれ、マットレスはエアウィーブ。

 

f:id:Sakamo:20170408220925j:image


人生で一回はと思って乗ったファーストクラス。


二回、三回もありだなと思わせてくれるファーストクラスタイムでした。


ちなみに僕が乗った成田シドニー間の便のファーストクラス片道のチケットは、普通に買ったら100万円前後でした笑


そりゃキャビアだって食えます。


ちなみに100うん十人のエコノミーの乗客に対しCAは6人。10なん席のビジネスクラスにCAが5人。8席のファーストクラスにCAが3人だそう。


本当にいたれり尽くせりの空の旅なのでした、

 

 

贅沢の極み旅 地上編

2016年の10月にいよいよ人生初オセアニアへ。


ニュージーランドへのワーホリはシドニー経由。


経由と言いつつせっかくなので、1週間程滞在予定。
そもそもシドニー経由にした理由は、こちら。

f:id:Sakamo:20170405194149j:image
どーーーーん。
人生初のファーストクラスはJAPAN AIRLINE。


片道ファーストクラス位のマイルは充分に貯まっていたわけで、せっかくだから人生死ぬ前に一回はシリーズということで、手にした夢のチケット。


ネットで何日も前からファーストクラスの素晴らしさをホームページで勉強はしていたものの、その破壊力は想像していた以上。


当日は伊丹空港からの国内乗り継ぎから始まったのですが、国内の空港の時点からJALのプレミアムラウンジを使えました。

 

f:id:Sakamo:20170405194536j:image

伊丹のラウンジでの朝食。

 

成田空港に着いてから、入り口だけは目にしたことがあった、あのゴールドのお鶴様のマークはファーストクラスラウンジのお印。

 

f:id:Sakamo:20170405194611j:image

 

バックパックを背負ったこんな小僧が何用か。なんてことは受け付けで問われることはなく、チケットを見せてラウンジへ。

 

ラウンジに入るとすぐに担当のスタッフがドリンクのオーダーを、その際に

 

『大変申し訳ありません、只今、靴磨きの物が席を外しており、靴磨きのサービスを中断しています。ご迷惑をお掛けし申し訳ありません』

 

そんな僕はスニーカー。


ラウンジですれ違う他のお客さんと言えば、ターバン巻いたアラブの王様みたいな人やアップルのPCをカタカタやってるザッカーバーグみたいな人等々。

 

f:id:Sakamo:20170405194356j:image

 

 

ラウンジはとても広く、全部食べきれない程のアラカルトや飲み切れない程の高いだろうなーと思われるお酒が並ぶ。

 

f:id:Sakamo:20170405194736j:image

 

f:id:Sakamo:20170405194955j:image

Soup Stock提供。

 

 

f:id:Sakamo:20170405195250j:image

 

 

職人さんがその場で握ってくれる寿司のカウンターもあり、何人前を搭乗前に食したことかは覚えていない程、食った。

 

f:id:Sakamo:20170405195104j:image

 

f:id:Sakamo:20170405195142j:image

お寿司の種類はこの3種類。

 

ベッドスパあり。

 

搭乗前のシャワーあり。

 

受け付けの人に違う階のファーストクラスのラウンジも見て見たいと申し出ると、その日の便数によって開館時間が違うらしく、その時は閉館していることを伝えられる。

 

しかし、しばらくしてラウンジで休んでいると、スタッフがやってきて、見学という形でよければ次回また来て頂いた時の参考までに、見て頂ければとわざわざ案内をして頂きました。

 

そこはまだ新しく出来たばかりのファーストクラスのラウンジでまだそれほど認知もされていない為かいつもガラガラなんだとか。

 

ついでにビジネスクラスのラウンジも見学させてくれたました。

 

f:id:Sakamo:20170405195351j:image

ビジネスクラスラウンジも落ち着いた雰囲気。

ビジネスクラスのラウンジすらこの時が初めて。

 

さらに、スタッフさんが別のウィングにあるファーストクラスラウンジには、そこのあるラウンジにしかおいてない美味しいシャンパンがあるということで空港内ラウンジ巡り。

 

f:id:Sakamo:20170405195436j:image

ガラガラ。お客さんは僕一人。自然にスタッフさんも僕の専属になる。

 

f:id:Sakamo:20170405195508j:image

 

超楽しい。

 

そして、元のラウンジに戻って来て、そろそろ搭乗時間も近づいて来た頃、またまたスタッフさんが2人で僕のところへ。

 

『今回はJALファーストクラスのご利用が初めてということで、ありがとうございます。搭乗券を拝見致しまして誕生日が近い(4日後だったかな)ということで、こちらで特別にカクテルをご用意致しまた。こちらは機内や旅先でお召し上がり下さい』

 

f:id:Sakamo:20170405195611j:image


粋っ。


飛行機の中でお腹いっぱい食べるつもりで、ラウンジではセーブしようと思っていたにもかかわらず、既にお腹いっぱい胸いっぱいのラウンジライフだったのでした。


明らかに日本総中流社会とは一線を画した上流社会があそこにはあったのでした。


そして、いよいよ贅沢の極み旅は上空編へ続きます。

 

 

歩けば芸術に当たる

こんにちは。


ニュージーランドはいつの間にやらサマータイムが終わって1時間戻り日本との時差は本来の3時間に戻りました。


今日からまた月曜日。
次の休みの日曜日まで遠いなぁ。


住み始めて、仕事し始めてから2ヶ月とちょっと。
ようやく旅行感覚から居住感覚へ。


要は生活に慣れてきたってことです、はい。


仕事と家の往復でお腹いっぱい胸いっぱいだった頃と比べると、家でのお菓子作りという趣味へ足をつっこみ。

 

休みの日にも家から外に出てみようかという気分な最近。


昨日の日曜日も午前中から出掛けて来ました。


久々に友達にポストカードでも書こうと、僕の好きなカフェへ。

 

途中、友達と合流したまたまネットで僕好みそうなカフェを見つけたので一緒に足を運びます。

 

ちなみにダニーデンは町の至るところにアートが散らばっています。それも結構、建物に特大級に。大体見尽くしただろうと思っていたのですが、初めて通るストリートやアベニューを覗いてみれば、今日も初めましてNice to meet you がちらほら。ダニーデンの散歩は飽きません、今のところ。

 

f:id:Sakamo:20170403184103j:image

 

f:id:Sakamo:20170403184131j:image


気になっていた本日二つ目のカフェがこちら。


Vogel Street Kitchen

 

f:id:Sakamo:20170403184225j:image

 


スイーツもランチメニューも豊富。

 

f:id:Sakamo:20170403184253j:image


ピザも自前の窯有りで、絶対うまいに決まってる。
席数も大いし、少し長くゆっくりしたかったら二階席がいい感じ。

 

f:id:Sakamo:20170403184312j:image

二階席も広い。

 

また、次の日曜日もここでゆっくりしたいなと思います。

 

f:id:Sakamo:20170403184352j:image

 

ちなみに夜はコナー家族の誕生日のディナーに呼ばれて、素敵イタリアン。

f:id:Sakamo:20170403184452j:image

久々の外食なのでした。

寄り道ハワイ滞在記 2016 秋編

こんにちは。
ニュージーランドは夜中の0時を過ぎたところなので、四月が始まりました。
ハロー四月。


さて、今日はニュージーランド入国前に人生のバケーション的位置づけで訪れた寄り道ハワイ滞在記を。 

 

f:id:Sakamo:20170331205326j:image 


去年の9月の終わり頃、ニュージーランドへの渡航準備もひと段落したところで、3週間の予定でオアフ島はホノルルに3週間滞在しました。


ワイキキビーチまで歩いて1分のナイスロケーションのホステル生活。


ホステルやバックパッカーのいいところは、やっぱり色んな国の友達と仲良くなれること。

 

しかも基本、旅人が安さを求めて宿泊するホステルなわけで話しや興味も共通することが多いので、お互いのこれまでの旅行の話しなんかをしたりするのが楽しい。

 

f:id:Sakamo:20170331205414j:image

ビーチでたまたま出会ったアーノルドはさすらいのサーファーで、ニュージーランドにもワーホリで波乗りに行くって話しで盛り上がる。

 

f:id:Sakamo:20170331205926j:image

 同じホステルの相部屋だったジョージ。一緒に登った山の頂上にて、各々セルフィー。ジョージがセルビアに帰国しあとこの写真を旅行雑誌に投稿したら、雑誌に載ったと写真付きで教えてくれました。

 

f:id:Sakamo:20170331210315j:image

同じく相部屋だったノリーナ。僕のホワイト二ングに興味深々で、ハワイでノリーナもホワイト二ングを始めました。ハワイで一番仲良くなった友達かな。スイスに行ったら遊びに行くね!

 

新しい愉快な友達との出会いに加え、ここホノルルでは以前カナダでワーホリをしていた際に出来た友人達ともホノルルにて再集合。

f:id:Sakamo:20170331210552j:image


気心知れた仲間と美味しい物を食べて飲んで、ビーチでゆっくり、波に寄せては返されて。

f:id:Sakamo:20170331210611j:image

風に揺られる椰子の木はいつまでも飽きなく見ていられたし、その日陰での昼寝は世界一気持ちいいと思った。

f:id:Sakamo:20170331210626j:image
目で見る夕陽が一番綺麗と分かっていても、どうしても手元に残しておきたい一瞬の為に、iPhoneのシャッターを幾度となく連打するホノルルの夕暮れどき。

f:id:Sakamo:20170331210644j:image

f:id:Sakamo:20170331210653j:image

f:id:Sakamo:20170331210724j:image

ホノカアボーイを意識して笑


また、少し人生に疲れた時は、ここでゆっくりしたいものです。疲れてなくてもチャンスがあればいつまでも行きますけどね笑


さっ、ハワイ滞在も終了。


そして日本に2泊3日だけ帰国。


そして、ニュージーランドワーホリに向けて、乗った飛行機は成田からオーストラリアはシドニーへ。そして空の旅は、人生初のファーストクラスだったのでした。

 

というわけで、贅沢の極み旅 地上編と上空編に続きます。


本日もご精読に感謝。

 

f:id:Sakamo:20170331210752j:image