Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

僕のニュージーランド

New Zealandで始める僕のNew Life

出発はいつも朝

こんにちは。

 

前回の続きイースターの更新から、1週間。


更新しようと思うネタは、ポロポロあったのですが、色々と忙しく結局後回しになってしまった今はクライストチャーチにいます。

 

2日前の朝にニュージーランド国内を駆けるインターシティーこと、長距離バスにてダニーデンからはるばる6時間かけてやってきたわけです。往復で90ドルちょっと。

 

f:id:Sakamo:20170425065153j:image

出発の朝、ダニーデン。久々の早起き。

どこかに出掛ける時のこの時間帯は毎度、ワクワクする。

 

目的はクライストチャーチにある日本領事事務所に用あって。

 

警察証明書の申請の為。

 

郵送では申請不可にて。

 

その申請の前に必要な書類を揃えるのに忙しくしていた次第。


というのも、申請には指紋採取が必要になるのですが、まず近くの警察署で指紋採取の為の予約を取って、その予約が大概混んでいる為、予約日は2週間後。

 

採取時はインクを使用し、一発勝負。

 

余分な専用の原紙を領事事務所はくれないので失敗出来ません。

 

担当警察官は女性で感じが良い。

 

説明も丁寧。警察官の方が採取者を手取り足取りで採取を進めます。

 

チームワークです。

 

緊張の一瞬です。


で、左小指のインクが薄く採取失敗。

 

一応、オフィサーのサインはもらいましたが、これで申請不可になってもあれなので、郵送で再度、原紙を取り寄せる。

 

予約もし直す。

 

次の担当は若い男性警察官。

 

順番に指紋採取を進めていく。因縁の左小指の押印を終えて、嫌な予感。

 


『あっ、そこ親指のところ...』

 

警察官
『あぁ...矢印描いて、反対だよってことにしておくね』

 

ジーザス。

 

これは絶対にアウトだよ。


日本人だから分かる、日本の警察は絶対これを良しとはしてくれないんだよーーー。


と、心の中で泣く。

 

手間が無駄手間に終わる程、堪えるものはありません。 

 

そのあともこの警察官、左と右の指を間違えそうになる。

 

しっかりーー。

 

f:id:Sakamo:20170425065420j:image

ちなみにこれ。やっぱりだめだろこれじゃ。

 

結局、3枚目を取り寄せる時間もなく、失敗作2作品を携え、領事事務所へ。


事情を説明すると、矢印の入った指紋原紙を速攻却下。そら、そーだ。


しかしながら、事務官の方が最初の原紙と合わせ技でもう1枚その場で因縁の左小指の指紋を採取。
合わせての提出を認めてくれました。


あとはこれが、日本の警視庁鑑識課まで郵送にて、発行がなされるとのこと。

 

ここまで、長っ。

 

発行まで2ヶ月。

 

さらに、長っ。

 

受け取りは、郵送可の為。


返信用、トラッキングスッテカー付きを合わせて提出。一安心と思いきや。

一抹の不安を掻き立てる下記条項。

 

郵送で届かなかった時に、領事館側は一切の責任は負いませんサインをさせられ。

 

ここは、The 日本。

 

とりあえず、ひと仕事は終えたので、あとはクライストチャーチを観光をしています。


今日のお昼のバスでダニーデンに帰ります。

 

クライストチャーチまだ、6年前のカンタベリー地方襲った大地震で復興途中ですが、とても綺麗な街でした。

 

その時の写真等は次の投稿にて。